バーチャル見聞録(2019/12/08)放課後ニムト部

※当記事は、Vtuber界隈の動画や新人様、事件などに触れていくものです。
 取り扱うものは最新のものでは可能性もあるため、ご了承ください。

時折

初手謝罪にて仕る。ここ最近私は小説を延々と書いていたため、まるで更新はしていませんでした。小説はnoteにありますので、下記のリンクからお読みください。Vtuber関連の思いの丈などを濃縮した小説ですので

謝罪じゃなくて宣伝じゃねえか!!!?

noteへGO!

【動画】

 にじさんじの配信じゃねーか!! と思った貴方ちょいと待ってくれ!!!? 確かに、30分強という長尺でありますが、これはプレミア公開された動画です。ルイスさんは大変なものを盗んでいきました。私どもの時間です。

時折

動画内容は延々、ニムトというボードゲームを探偵と怪盗がプレイするという内容。それだけならまだしもこの動画、お2人の姿が殆ど出ないのが特徴

Vtuberとしては、右下に顔や姿があって、それでもってゲーム実況するとかが一般的だが。30分という尺の中、ほんの数分、しかも静止画のみ。それ以外はゲーム画面しか見ることが出来ないという異色の動画

 でもねえ、見ちゃうんですよ。全編面白かったから! というのも私、ここ最近はボードゲームを扱うアニメ「放課後さいころクラブ」を視聴しているのですけど、ニムトを久々に見たのですよ。

 ニムトは良いぞ(でもカタンが個人的にマスト)。これは知略と駆け引きをコンパクトに収めたゲームだ。もっと流行ってほしい。というか今後はテレビゲームやスマホゲー以外にも、こういう往年の名作ゲームが好まれる時代が来るのかもしれない。

 後この動画はね。声が強すぎるんだ。なんというか、落ち着いて聞ける声のコラボレーションだから、長尺でも全然気にならない。BGMも数分でループするけど、小気味よく、ところどころ編集の跡もある。

時折

後この動画はね。声が強すぎるんだ。なんというか、落ち着いて聞ける声のコラボレーションだから、長尺でも全然気にならない。BGMも数分でループするけど、小気味よく、ところどころ編集の跡もある。

 動画編集という観点から見ても参考になる部分が大ありなこの動画、是非とも一回見てほしい。ルイスさんのフニャフニャっぷりが最高に可愛い。

【注目した出来事】

時折

そりゃあやっぱりね。引退でしょう。アイドル部様の

これだけデカい話になったら言及せざるを得ないわな……

 「ドットライブ」のVtuber部門「アップランド」に所属する、アイドル部。そこから2人脱退(契約解除)、1人休止。というのがあらましです。

 間違ってもアイドル部のメンバーを悪く言うことはないです。アップランドの杜撰なやり方がとにかくやべえのですよ。それを言いたいし、言わねばならないんですよ。

 アップランドといえば、電脳少女シロちゃん&ばぁちゃるの二枚看板で頑張っていたのですが、途中からアイドル部が誕生して一気に大所帯になりました。

 このアイドル部、自社でリリース(予定)の「少女兵器大戦」から視聴者間で人気投票を行い、トップに躍り出たメンバーの姿を基に構成しています(元個人勢の方もいるので全員ではない)。

 恐らく人気が出たら更に人数を増やし、アプリリリースで大量の収益を勝ち取ることが勝利パターンだったのかなと思います。そうすれば旨味は全てアップランドへいき、更に儲けることが出来ますからね。

時折

何? お金ばかりで汚いって?? はっはっは、金も力の内さ。特に企業ならね。養わなきゃならないし、発展しなければいけないし

 ただまあ、引退する前から感じていた「大丈夫かな?」という個人的な心配が当たってしまったのは残念。

 このアイドル部、とにかく外部コラボをしない。にじさんじやホロライブは、割と懇意なVtuberとよくコラボしていたりしますが、アイドル部はその名の通りアイドル目指す子たちの構成なので、アイドル以外との交流が希薄なのです。

 それはVRアイドル「えのぐ」も同様ですが、あちらはVtuberよりも遥かに成熟した芸能界隈ですので、ヘタなコラボが打てなかった面もあります。アイドル部は箱推しというか、箱入り娘で、ファンとの関係がより強固だったのだろうと思います。

 ですが、シロちゃんだけで頑張っていた時代でさえ、生放送ではトラブルが頻発していた会社に、急増した子たち全員に気を配って奮闘するノウハウなどあるはずもなく。報連相という簡単かつ最重要分野を怠って信頼を喪失します。

時折

積み上げられる信頼はコツコツですが、暴落するときはあっという間です。それを同じ高さまで積み上げるには、前以上の努力と慎重さがが必要

 アップランドはとにかく手を広げ過ぎてキャパオーバーになっていた。更には悪質なことにピノちゃんにまでヘイトを集めさせるようなこと、所属アイドル部にnote書かせたりすること。更にはマネージャー部を新設して……。あなた方は個人勢ではなく企業勢なんですから、立ち回りをもう少し慎重にしていただきたかった。失地回復は、上層部の説明なしにはもう無理でしょうし、説明しても大勢のファンが離れるのは必定です。

 でもここは説明せねば始まらない。このまま「もう峠は越えたんだ」というスタンスを貫いては、今後何かあったときに信頼されない。それはファンだけではなく、会社づきあいなどの面から見ても。

 信頼は直接の利益にはならないけど、信頼があって初めて利益を積むことが出来るんです。それを失ってはいけない。どういう致命傷を負うにせよ、0からの出発をしてほしいです。

この件については私以上に、元々アイドル部のファンだった方の記事

そして【社会保険労務士Vtuberダンディジョージ】さんが分かり易く解説しています。ツイートはこちら

 お二方の記事・動画も併せて読んでいただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です