約束の決着。「牡丹」は何度でも咲く

皆さんは、牡丹きぃというVtuberを知っていますか?

一時期、「知っていても名前を呼んではいけない」くらいにはアンタッチャブルな存在感をいかんなく発揮していましたが、登録者数1万人を超える、企業勢でも人気のVtuberさんでありました。

時折

まあ、何が本当で何が嘘かもわからん位には情報錯綜していた時期の方が大半でありましたけれども。

とりあえず、初見でもわかるようにざっくりまとめてみようか

1:牡丹きぃちゃんが事務所と給料問題でもめていることを、お気持ち表明でツイート。運営会社が炎上騒ぎに。

2:「牡丹きぃちゃんが別のVtuberと男女のアレコレをしたのではないか」疑惑浮上。リーク系のVtuberがそれについて語る動画を上げて拡散。

3:会社との連携が上手くいかずに炎上騒ぎ。牡丹きぃちゃん失踪。

4:数か月後に復活したけど、その直後にリーク系Vtuberのツイッターに凸し、勝手に暴露話しまくって自爆。

5:自殺未遂だったり妙なツイートなどを残して、きぃちゃんまた失踪。

ただのやべー奴じゃねえか!?

うんまあ、これだけ見ると「触れてはいけない」という意味がよく分かると思う。触ると大概火傷するからね。

それでも今回私がこの記事を上げようとしているのは、上記の部分では語られていない、1つの物語の決着を見たからなんだよね。

1:事の始まり

そもそも私は牡丹きぃちゃんを、お気持ちツイートが上がるまで知りもしなかった。容姿は知っていましたが、どんな人柄かわかっていません。
そしてこういうお気持ち表明は、以前別の企業Vtuberさんがやっていて、それでファンが大混乱していたのを見ていたので、静観していました。

ですが、それに便乗して「救いたい動画」を出したVtuberがいました。
バーチャル悪代官。よくVtuber関連の物申す動画を上げている方です。動画欄を見ればわかるでしょうが、大概炎上ネタや不祥事ネタに対して述べる、いわば便乗物申す系です。嫌いな人は多分嫌いでしょうが、私は毎度好きで拝見しております。(嫌な気分になったら低評価を押しますが)

その救いたい動画に、牡丹きぃちゃんが反応リツイートした。
これがそもそもの始まり。

悪代官ってこの動画を何の意図もなく、再生数的においしいから動画にしたわけで。間違っても「本気で救いたい」とは思っていなかっただろうな。

2:悪代官の奔走劇

さて、表ではリーク系Vtuberが牡丹きぃちゃんを題材にした動画で成り上がって行き、当のきぃちゃんは失踪中の時期。悪代官はその頃、牡丹きぃちゃんを本当に救うべく奔走していました。

……は? 救いたい動画って、大概誰も救っていないで、ただ炎上ネタに便乗物申すだけの動画じゃないのか??

時折

おれもそう思っていたのだけど、この代官様、意外にも律儀なんよ

色々と、表ざたにはせずに水面下。配信などでちょいちょい進捗を報告されていました。まあ、全部が全部正しいかどうかは、きぃちゃんが再び出たときにでも判断しようって気持ちでしたがね。(全幅の信頼ほど危険なものはなし)

その後、尽力の結果インサイドちゃんの配信に少しだけ出演するなど、徐々にですが復活の機運を見せていたきぃちゃん。別企業も関わって色々とお世話になっている最中、過去の問題についてツイートで暴走。そのまま復活はおじゃんになってしまった。

時折

復活に力を貸した方々、何より悪代官に失礼な振る舞いで、個人的にきぃちゃんへの好感度はダダ下がってましたね。底までは行ってないけど、身勝手が過ぎると思ったのは事実。

3: 2019年7月6日


最初に悪代官が「コラボせぬか」と言ってから半年が経過したこの日に、ようやく2人のコラボが実現しました!! きぃちゃんの姿の権利問題のため、「魂」のみでのコラボです。(オフラインではない)

時折

この日ほど、仕事があって残念だったという日もない。参加したかった……

この配信ですが、あの頃は語れなかった様々なことを本人の口から赤裸々に語られていますので、興味のある方は是非とも聞いてください。

時折

好感度に関しては上がりました。悪代官が赦したのであれば、私がどうこう言うことはないので

※今回の話はあくまでも、「きぃちゃんの魂さん」が述べることでありますので、全てを鵜呑みにしてはいけないと思います。議論や問題の時、片方だけの意見しか聞かないというのは危険ですので。

その上で、きぃちゃんの身にあったことをいくつか抜粋。

1:そもそも、例のVtuberとは繋がりがあったのか?
 あったどころか好きだった模様。いわゆる恋愛関係(きぃちゃんガチ恋勢は泣いていい)。ただし相手はどう思っていたのかは謎ですが、「妊娠した」と嘘ついたら音信不通になったとのこと。

2:リークしたVtuberについてどう思っているか?
 そもそも興味がないとのこと。自分の運営しか知り得ない情報を知っているのでリーク先はほぼ確定。

3:転生とかは考えている?
 今のところは考えていないらしいです。悪代官との共演形式には割と乗り気でした。というか悪代官への好感度が結構高く、きぃちゃんの母親もよく知っているとのこと。

4:今どうしてる? 食べれてます?
 Vtuberやる前は会社員(13歳なのはきぃちゃんであって魂は違う。あたりまえだけども!)だった。今はどんな仕事しているかはわかりませんが、給料はvtuber時代より格段に良いらしいです。

5:相手も悪いけど自分も悪いって自覚ある?
 自覚は大ありで、ツイッターも向いていないと自覚しているとのこと。

など、皆が気になっていることには結構答えています。悪代官の手綱がないとまた暴走しそうですが、終始楽しく可愛らしい配信になっていました。

まとめ

紆余曲折色々ありましたが、きぃちゃんのその後が分かり、悪代官の有言実行が示された良いコラボでした。出来れば今後も見たいですが、まずはゆっくり休んでほしい所です。

不死鳥メンタルorゾンビメンタルの彼女であれば、Vtuberでも配信者でも、どっちでもいけるでしょうから。死の淵から蘇った事で、以前よりもパワーと奔放さに磨きがかかっています。

ともかく言えることは、この半年間。悪代官様、お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です