グミさんのドラゴンクエスト4
4話「姉妹の旅とかチョー危険!? 宿敵を倒せ!」

デュアルオーロラウェーブ!!!

占いの使者、ミネア!

ギャンブルの使徒、マーニャ!

2人は

言わせねぇよ!!!!!?
第4章のあらまし
あるところに、褐色双子の美人姉妹がおりました。
しっかり者の妹、ミネアは占いで出稼ぎをし。
華のある姉のマーニャは、ダンスとギャンブルで遊んでおりました。
性格は真逆の2人でしたが、共通の目標を抱いていました。それは、自分の父親を亡き者にした者への復讐。冷静と情熱の隙間に宿る闇の先に、2人は何を見るのか。
問題発言
私もあんなナイスバディになりたいな(1:00:40)

母からもらった肉体では不服と申すかグミサン……!(そうは言ってない)

まあ、スライムですから、その気になれば体は思いのまま。思いのまま!
とりあえずドラクエのスライムとかでも、人型に変身して誘惑すれば勇者なんてイチコロよ!

時折

しかし、妹は敵討ち用に銅の剣持っているのに、姉は徒手空拳か……まあ、火属性の魔法使いだから武器いらんけど

ところが、マーニャの持っている踊り子の服は、売ると結構まとまったお金になる。ブル〇ラかなにか?  絶対これ、ブル〇ラやん!! あんだけ激しい踊り披露しても数回で100Gなのに、その3倍以上の値で売れるとか!

これで買ったのがコスパのいいという羽帽子。
おかしい、体は何で守るのだ……!

謎が謎呼ぶ第4章(勝手にドツボにハマっているだけ)。マーニャの会心の一撃は3ポイントしか出ない。弱すぎぃ!(1:11:10)

時折

この章のキーは2つ。1つは、マホトーンの効果を秘めた「静寂の球」確保。そして、前衛最強オーリンの確保!(1:17:30)

普通に考えて、HP90は簡単に死なないメイン盾。僧侶と女魔法使いの旅はより安定感が増した。

メイン盾なのに後列なので、被害中々受けないんですがそれは、
まあ、キニスルナ!!

これがあれば生きていけると言うグミさんですが、既に前列姉妹はくっ殺秒読み段階。(1:23:10)明治時代から生きているももんじゃは強いですよね。

お金稼ぎよりも合成主流の現代ゲームはなんかなーと言う意見もありましたが、そうですね、ソシャゲ流行の産物でしょう。私にとっては萎え要素ですが。

こんな所にスライムが! ……が(1:32:10)

あ…。(察し)仲間を呼び出しまくり、合体! キングスライムだ!!

いつも思うのですがその金の王冠はどこから!?

時折

私は鼻から

それならちょうどあるから入れてみよう

守「アナタ~の鼻にねらいを決めて、キ・ン・グアタック☆」

(とてもお見せ出来ない阿鼻叫喚の地獄絵図開幕。皆、冗談はほどほどにな! 時折さんとの約束だぞ!)

グミ「合体する悪いスライムは4から出演」

今後のシリーズには、4人そろって組体操する奴まで現れますからね。何でも合体すればいいってもんでもない。

ここでいったん切り、次の収録テープへ

グミさん
ああ、待って待って、あああ、あ゛あ゛あ゛あ゛……あああ(4:40)

というか防御しても6食らうとかいくら何でも紙装甲過ぎるだろ!? 武器よりも防具充実しろって!? オーリンが最強武器なんだから!

取れ高が出来たことを忘却し、今からリスタートだ! 全滅なんてものはなかった!! いいね!!

グミさん
今の声で売って行こうと思う。どっちかって言うと、見た目にあった声が欲しい(10:00)

Vtuberの多くが悩む声。多分数年前であれば、美少女に男性声なんてのはそもそも流行る要素がなかったことでしょう。現状維持と言う選択肢も普通にできる良い時代です。コメント欄にある通り、声と姿はすでに合致している印象強めです。

グミさん
皆さんここが、夕張市になります(19:25)

夕張市……財政難でこんな死せる大地に……(熱い風評被害)
なお、ちゃんと動画内で陳謝しているので、ご勘弁を!

なんか夕張市についてめっちゃ詳しいな……移住が多くて税金も重いとかそろそろ潰れるんじゃ……
グミさん
エッチ姉妹? 何言ってるんだ、私は違うよ(22:05)

普通の配信者であれば、エッチと言えばミネアとマーニャのけしからん褐色肌の方なんですが、グミさんはコメントやツイートで言われ慣れているので間違った反応を返してしまうのだった。

途中でリスナーにテトリス実況を勧められるグミさんでしたが、絶対にやらないと断言。【世界初、世界初の落ちものげーをプレイしたVtuber】として名声を掴むチャンスなのに(棒読み)

時折

まあでも、グミさんは明日辺り届くツヨツヨPCで、最新でもなんでもサクサクゲームし放題ですからね。貯まりに貯まった積ゲー配信をするはずだ

火薬ツボを手に入れて準備も万端。
早速父の仇の征伐に出かける、後に続けオーリン!

時折

グミさんをたきつけんなって!?
闇雲にボス戦に出向いては危険です、もっと装備を集めてからでも!!

臆病者はいらないとばかりにグミさんはバルザックの元へ。(28:30)

以下戦闘風景

「魔閃光ぉおお!(マホトーン)」「ジュウエン!(火の玉)」「ダダダダダダダダ(オーリンの攻撃)」「何なんだぁ今のは(ベホマ)」「ふぉあ(ミネア死亡)」「もうだめだ、おしまいだ(全滅)」

「オラたちのパワーが勝ったあああああ(36:50)」

しかしこれから起こるのは、メタルクウラを倒した直後に量産型がめっちゃ来る例のアレなのであった。

鳥山明つながりだけども!

勝てない試合だからって逃げるコマンドはいけない、背中の傷は、剣士の恥だ。(グミさん剣士じゃなくてスライム)

まあこの章は、全部の章の中でも一番しっくりこないというか、もやもやの残る章です。何でって、敵討ちは結局果たせていないし、逃げるしか出来ないからです。いわゆる

キングレオ「エドガンはこの章の、敗北者じゃけえ」
姉妹「はぁ…はあ…敗北者?」
オーリン「乗るな姉妹! 戻れぇ!」

でも死ぬのはオーリンさんなのじゃ…。ドラクエで死亡確認台詞「ぐふっ」を言ってしまった以上、もう死は逃れられない。

追っ手を振り切って敗走を決めた姉妹は、トルネコが店を出していたエンドールにたどり着いたのであった。

というところで4章は終わり!

次回からはいよいよ本格的な旅の始まりだ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です