2019年のバーチャル界隈を予想してみた

足りない脳みそでなッ!!!

こんにちわ。時折です。年始も終わって仕事ムーブの私ですが、構わずバーチャル界隈は進展の一途をたどっています。そんな中、今年キそうな事とかを色々と予想(妄想)してまして。

これは年末の私がどうとるか楽しみという趣旨の記事を書くに至りました。

ズバリ。

今年のバーチャル界隈では何が起こるのか。
早速予想してまいりましょう。

ふざけた文章でも構わんよって人はこのままどうぞ。そうでない人は顔をしかめながら読むか、ブラウザバッグを。

1:Vtuberサークル乱立

「今。Vtuberの数は毎日増え続け、引退数もいますが2900人以上は活動をしていると噂される時代。今年もさらに増えていくことでしょう」

そうなると、何が困るって? Vtuberで一旗揚げてやるぜいやっふぅううう!

って方にとっては商売敵のエントリーに戦々恐々なわけです。

後発は強い。

何故なら、先駆者たちの背中を見続け、良い所と悪い所を研究し、己の技術などを磨いて乗り込んでくるわけですから。

ここに、動画は作れるし技術もあるけど知名度のないA。
そして、生放送主体だけど動画が欲しいB。
最後に、絵心ありありだけど自分の声とかに自信のないC。

3人のVtuberがいるとして……。3人とも野望を秘めていたのなら。

そらもう合体しますわな? 単独では辛いことも、3人なら乗り越えられる。

これぞまさに100万パワー!!


そうです。Vtuberグループは、個人の寄合いが殆どで、全員一致で何かをするという印象があまりない(私見)のです。
力を共有して大きな何かを成す、サークルというか同好の士が集うのが今年は来そうです。

え? いざ儲かったときの取り分とか気になる?? そこはもう最初に契約書で【山分け】とでも書いとけ! 後々もめるのは結局お金じゃい!

2:歌コラボ、歌系Vtuberが迫る

「ここ最近よく、歌の上手い人が集まった番組を見るな」

メイカちゃん・天開司主催のV紅白歌合戦。

それを見るに、歌が上手い、ダンスが上手い、などなど。ダイナミックに動くか、心に届く歌声を響かせる人が今後多く出ると予想されます。

それは音楽を少しかじっている方、楽器演奏は出来るという方なども巻き込み、バーチャル幻樂団とかそういうの、出るかもしれません。

オリジナルソングで世の中に旋風巻き起こしたいって人もいるでしょうし。

なんやかんやで燦鳥ノムさんの【ドラマツルギー】が100万再生超えたのだって、「何度でも聞きたい」という心惹かれるものがあってこそですから。

歌ってみた系統はここが強み。リピート率。ですので、のど自慢とか様々な企画が出たりすると思うのですよ。

3:えのぐはそろそろバズっていい

「これ単なる願望だよな? 予測は??」

2で紹介した歌系統が今後伸びるのであれば。

歌もダンスも一級品、動きも3D体なのにスムーズに動きまくるえのぐは、バーチャルの中でも飛びぬけている。ぶっちぎりで。えのぐ見たことないって人は1度で良いからライブ模様とか見てみ? 腰抜かすほど驚くから。

少し前は生配信が多くを占めていて、なかなか見れない人もいたかもしれませんが、動画も増えて見易くなっています。最近は広告に動画を公開しているようで、そちらは再生回数が物凄いことに。

歌が伸びるということは……いよいよ彼女たちの存在が今年は無視できないことになる……はずなんだ!

「問題は彼女たちが、個人、企業問わずVtuberとの繋がりを一切持っていないことでありますがね。ツイッターでも徹底されている。逆に横の繋がり大事というバーチャル界隈で、繋がりを持たずに1年間で登録者3万人越えているのは素直に怪物」

仮にどこかの企業とコラボしたら一気にファンは増えそうであるが、今後もそっちは厳しそう。コラボしたらドラマチックな展開。

4:にじさんじはこのまま台頭

まあこれは今の盛況っぷりを見るに明らかです。勢いで押し通した感じもありますが、彼らの強みは【にじさんじ78】という連続企画を行えること、各ライバー同士の横の繋がりを縦横無尽に繋げること。

企業勢ですが、フットワークにおいては恐らくどの企業よりも先手を打てる軽さがあります。また、活動方針もおおむね放任(許可取ったりするなどはある)、ライバーがやりにくいという環境にはなっていません。

更にはTOPがライバーの立場になったり、ツイッターや動画などで情報発信を積極的に行うので、ファンも動向を知りやすいのもいいところ。(たまに勘違いでボヤ騒ぎになることもあり)

「しかし……去年2月に現れて、アプリ【にじさんじ】を宣伝するためにライバー活動させていたはずが、ライバー人気が過熱して増員に次ぐ増員。メディア進出も加速という流れになるのは凄いと思うわ」

にじさんじに誤算があるとしたら正にそこだね。

今もし、にじさんじアプリ出しても、恐れ多くて使えないって人が占めそうだ。各キャラはもうライバーの魂と完全融合しているからね。


で。にじさんじが台頭してくれると個人勢は困るかって言うと……困るどころかもっと発展してほしいと願っているのではなかろうか。

にじさんじは身内だけでもコラボが沢山できますが、渋谷ハジメ君、海夜叉の神様を筆頭に、個人勢とのコラボも積極的に行ってくれます。

名を上げるチャンスであったり、そこから見つける新しい繋がりがあったりと、最早個人勢とにじさんじは切っても切れない間柄になっています。彼らが発展すれば概ね、界隈は喜ぶでしょう。



今思いつくのは以上ですね。なんかあれば追記したいけどないと思います。
2019年末どうなっているのか……今から楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です