グミさんのドラゴンクエスト3
9話「グミスライム大勝利ぃいい!天空シリーズへ、レディーゴー!!」

前回、はぐれメタルの踊り食いを堪能したグミさんは、そのままゾーマの城にも潜っていた! はぐれメタルしか狩らないって言ったな? あれは嘘だ。

ちなみに、あと一歩を逃す魔法の言葉を教えよう。はなみずー(1:22:40)

「ああっ!? あと一歩が逃げていく!!!」

虹の橋が架かる……と思いきや普通に木製の橋。世知辛いロマンスだねえ。まあ道中の敵は強いけれども、はぐれメタル狩りまくって強まったグミさんの敵ではないのだよ!(コメント欄のバラモスってブロスのことでは?)

忍び足をもってしても避けられない強制戦闘をも難なく退け、2度のアンブッシュも華麗に倒す。ナムアミダブツ。

「毎度思うんだけどさぁ。正々堂々と1階の玉座に座ることを知らんのかこ奴らは。竜王も地下に引きこもっていたし。アリアハンのファンファーレ妨害する豪胆な魔王と思いきや、とんだ腰抜けだ。所詮ゾーマは、先の時代の、敗北者じゃけえ」(1:27:00)

小さなメダルは囮よ!
グミさん「迷ってない、迷ってないy」(※おおっと転落!!※)

アイテム「諸刃の剣」を手に入れるも、お払い箱。ここに来る時点の装備でこれを必要とする局面はまずない。

しかし次のドロップアイテムは「吹雪の剣」! 名前カッコいい!!(1:32:20)

しかし名前はかっこよくても誰も、装備できないのだ!! 残念!!!
ドラクエ3には、魔法剣系統の技がない、ぎりぃいい!

グミさん「あああオルテガの死ぬ音~」(1:34:00)

「まだ死んでないからな?!」

グミさん「オルテガー! がんばえー!」
Q2「頑張れ頑張れそこだ行け、やれば出来る会心の一撃だ!」
いぬくる「やるからには、徹底的だ!!」
ぜるぜん「elonaなら酒飲むか核ミサイルで援護出来たなあ」


やいのやいの

オルテガ「ね゛ぇえええええ一緒に戦ってよおおおおお??!!」

といっても、お互い親族であることを知らない。主人公がお父さんであることを忘れているように、父も火山の火口から堕ちたショックで記憶を失っていた。異世界転生主人公なのに補正ないというか仲間もいないという夢も希望もありゃしない。

グミさん「でもそんなことはどうでもいいんだ! 重要な事ではない!!」

そう。今回大事なのは、同フロアにある宝物の回収! そっちが一番大事、オルテガではないのです! ここにあるお宝最大の目玉は……「賢者の石」!!

何度使っても無くならない! 戦闘中に使うとベホマラー! 無料で唱えられちゃうんだ!!! が、ここで時間切れ、記事もここまで、アデュー!







……なんちゃって☆

もういっちょ! ハヤブサの剣で、推して参る!!

グミさん「じゃあね今夜は…気を取り直して何をするかというと」(4:25)

当然、ゾーマ退治!(さっきの出来事は忘れろビーム)(11:00)

ただし、ゾーマに挑むためには中ボス3体を相手にしてからですので、そちらを撃破しないことにはね。

初戦:キングヒドラ

オルテガを殺した主人公の(即席)因縁の相手。炎は吐くし攻撃は痛いしで、明らかにヤマタノオロチよりも強い。しかしここでグミさんは余裕のプレイング。

どれくらい余裕かというと、「いのちの石」と「賢者の石」を敢えて間違えたという強気。1回くらいやらずとも勝てるというまさに王者の貫禄!

「いやこれ、絶対に間違えただけだろ」


次戦:バラモスブロス

あのバラモスに弟が!? しかし、兄より優秀な弟がいるというのは時代が証明しているのだ! 火力を押し付ける戦闘スタイルでグミさんを圧倒……したかに思えたがそんなことは全くなかったぜ!

最終戦:バラモスゾンビ

とにかく通常攻撃が痛い! 痛いのに連続攻撃もする。ただひたすら破壊の攻撃を繰り出すだけのゾンビランドゾーマ。ちなみにロトの紋章って漫画にも登場するが、あちらはスリップダメージでこちらは自然治癒。速攻仕留めねば殺されてしまう。現に、スクルトをかけねば2撃で沈むようなバカげた火力。死者は出したが辛くも勝利。

さてオオトリ。

ゾーマ戦!!

長い道のりを乗り越えて、今ここに至る!(20:00)

大物界の大物、今なお根強い人気をお持ちの大魔王ゾーマ様!!
(第二形態はありません。ありませんよ?)



ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー OPアニメ では、様々な主人公とラスボスが入り乱れて戦うシーンがあるにもかかわらず、DQ3勇者とゾーマのマッチングだけはそのままという熱さ。名実ともにDQのカリスマをほしいままにする、大魔王の名に相応しい大魔王、ゾーマ!!
(あれ、某Vtuberも似たような服装をした方が…それ以上いけない)

攻撃は苛烈で、デバフやバフの類も凍てつく波動で無効化し、全体攻撃も豊富と来ている。まさに無敵に近い存在。ここまで会心の一撃担当だったQ2さんは、賢者の石を使用する「回復の石」として活躍。メインアタッカーはほぼ勇者のみという。自動回復もってたら詰んでましたねこれ!!

一時全滅の危機もあったが、やはり賢者と僧侶の2人回復でしのぎ切り、辛勝!DQ3はパーティの組み合わせ次第で難易度が変わるゲームです。

世界に平和は戻り、EDへ……! その模様は動画で見届けてください!

斯くして、アレフガレドは平和になった。いずれ生れ落ちる魔王の存在は、後世が倒してくれるであろう。ロトの勇者グミの旅路は今終わったが……しかし、まだ彼には救うべき世界が残っている。天空へと連なる階段を上ってグミさんは叫ぶのだ。

グミさん「俺はようやく上り始めたばかりだからな。この果てしなく遠い勇者坂をよ」(未完)

「勝手に打ち切りで終わらせるな!!?」

「そんなわけで次回、天空シリーズ開幕! 来年もグミさんの活躍にこうご期待!」

←前              次→

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です