グミスライム DQ2-2「たとえ今は1ダメージでも!」

ラリホー無双をした結果。

「勇者グミは眠ったのであった」

「前日にVGS(バーチャルゲームショウ)参加してたんだから勘弁してやれ」

というわけで、

前回の、グミクエスト!

DQ1をクリアし、意気揚々と邪教新興宗教に挑むグミさん、

「今回のグミさんはね、死なないよ」

しかし、またもや最低限の装備しか買わないかつかつプレイで大ピンチ!

「ナンデソンナコトスルノー!?」

神が見放したかのようなダイス目で、今日こそ金のカギをとることが出来るのか!?

あったぞ、新大陸だ! でかした!!

「展開早すぎて草生える(6:45)。だが、仲間が2人とも死んでいる辺りしぶとい

遂に入手した金のカギ、これは世界中の金色扉を無遠慮に開放して中身を暴くことが出来る、盗賊必携のアイテムだ!!

「世界共通の合鍵を持つとか略奪し放題だな」

そんな貴重なカギを、死んだ仲間の棺桶に収めていくとかやべえ奴ですよこれ。お前の血は何色だ……緑色でしょうな。

ついでに手に入れたロトの盾。前作主人公の持っていた「み鏡の盾」でしょうね。

「ロトの斧ありますか!?」

「市販の鉄の斧を100年さび付かせたらいっちょ上がりだ」

その後も、武器屋の背後からお宝をくすねたり、世界各国をまたにかける大泥棒、

グミ3世が駆け巡っていった。

バーチャルポリス助けて!!

手に入れた装備とお金と種をフルに生かし、やって来たのはデルコンダルのお城!

ここでは王様が享楽で、冒険者に自慢の魔物をけしかけて戦うさまを見るというイベントがあります。ゲームクリアのキーアイテムがもらえるので、勝たねばならない(19:50)

相手は世にも珍しいピンクパンサー……ではなくキラータイガー。

3人に勝てるわけないだろ!

勇者グミ「えーい☆」(1ダメージ)

「世の中では、3人そろえば文殊の知恵と言う。だがこれは単なる、烏合の衆」

力自慢と言いながらこの体たらく。装備品を考えれば当たり前だけど、もう少し何とかならないものか……!

ちなみに銅の剣がこの場で通用しないのはいたってリアル。

ここでレベリングタイム突入! というか今更感がぬぐえない! 普通は色んな所でレベリングするんですよ皆さん!!

ちなみに死んだ仲間をよみがえらせることにはお金がかかっていましたが、これからは無料。

世界じゅの葉が君を癒してくれる!!

グミ「絶対ヤバいはっぱだよこれ、マ〇〇ァナかな?」(35:50)

その後、ある程度のレベリングも終わり、貴重なアイテムを確定ドロップするモンスターの元へ足を運ぶグミさん。(55:40)

ここだけは自分の目で見てほしい!! 彼の運の在処を刮目してほしい!

その後はキラータイガーへのリベンジマッチや、コメント欄へのバブみ全力など、鍵開けとレベリングに終始した回になっています。ドラクエってこういうゲームだと、全力で教えてくれます。

「コツコツ頑張って、一気に強くなる方法も中々ない正攻法のゲームだからなこれ。逃げまくっていくというプレイよりも、初心者は堅実にレベルアップをしていくのが楽しいぞ」

しかしそれでも難しいのがDQ2なんだ……!

気になるのは、この後に待ち構える雪山をどうやって乗り越えるのか……グミスライムの真価が問われるのです!!!

次回に続く!