清楚麻雀 3回戦視聴

動画時間はまだあるから、当初予定していた3戦勝負じゃあ終わりそうにないね。

1回戦目

2回戦目

「まあでも、とりあえず区切りのいい3回目の今回で、清楚麻雀は畳もうと思います」

御愛読有難うございました! 時折先生の次回作にご期待ください!

「まだ3回戦書いていないのに随分早い打ち切り宣言やめろ」

 

 

東1局

さぁ始まりました、3回戦目! 東場最初の親は、せつなさんから!!
ドラ1枚でスタートを切ったせつなさん、場風と自風を兼ねた【東】握っての早あがり!

親の18000点と言う大ダメージをいきなりぶちかましぃ!

前回役満をあがったキンググミスライムさん「安いな。これは」

「どんなに安い役であっても、ドラが絡めば大ダメージになる。今回は赤ドラというのも乗って跳満。赤ドラっていうのは、見ればわかる通り数字部分が赤い牌のことだ

 

bit子さん「麻雀は、邪魔してなんぼだよ」

と宣言した後にこんな一撃を食らったbit子さんですが、まだまだ巻き返しのチャンスは残っています!

 

 

一本場

再び東の牌を2枚握って好調な出だしのせつなさん、途中bit子さんのカン(※)によってドラが2枚重なるも、赤を握るも、最終的にドラ4内臓の一盃口で聴牌! そのまま自摸!

ぜっこぉおちょおである!!

「追随を許さない跳満のダブルアタック! 牌の巡りも運命感じますねえ!」

(※)同じ牌を4枚作って場に晒し、本来引くことが出来ない部分の牌を1つ入手出来る。
漫画の【咲】で麻雀を知っている人から見たら必殺か死刑宣告ですが、要するに1枚手に入れてドラ表示牌を1枚増やす行為です。決して必殺技ではありません。

そしてカンは2種類ありまして、効果も大きく異なります。

 

明槓(みんかん)自分が3枚同じ牌を握っていて、誰かが4枚目の牌を捨てた場合のカン。
4枚全部の牌を晒して、1枚取り、1枚捨てた時点でドラ表示牌をめくる。
(自分が捨てた牌がドラになる場合もあり)

暗槓(あんかん)自分で4枚目を引いたときに宣言可能。4枚の内両サイドを隠して晒す。
1枚引くと同時にドラ表示牌をめくることが出来る。
ポン、チー、明槓と違い、鳴きの内に入らない。
(色々お得)

 

「ただし、ドラ表示牌が増えるというのは、場合によっては大顰蹙を買いかねない。何故なら絶好調の相手がリーチしてあがった場合…ドラ表示牌が増えるということは、裏ドラが乗りやすくなるからだ」

「ちなみに本物の必殺技でカンを使うのはなにも咲ばかりではない。アカギのアニメ3話も必殺技です(イカサマ)」

 

 

二本場

まだまだ続く親番、せつなさんは早あがり特急券の役牌「白」を握った状況からスタート!

bit子さん「命…振り込んでみる?」どこか地獄的少女を彷彿とさせるセリフ!

そして振り込みの隙すら与えない早あがり! ドラも絡まない本当に安い手ですが、続くというのは麻雀において結構きついです!

 

 

三本場

せつなさん、再びか…再びかあああああああ!

というかこの配牌はもうアカン、何これと絶句した配牌。確実に運気がせつなさんを包み込んでいる! ……が、ここでキングスライムが超速リーチからの自摸! こ、これはキングスライムではなく、メタルスライムだ!!

「折角いい配牌が来ても、こうもあっさり蹴られるのが麻雀の理不尽さだよな」

 

 

東2局

今日は見出しが1つで終わりかなーと油断してたらイケナイ。

ようやく動いた東2局ですが、せつなさんの好調な配牌はまだ止まらない。そして名言炸裂するも、点数が振るわないbit子さんは、満貫直撃で死亡という危機的状況に陥っています。

 

親番のここで仕掛けるとばかりに、bit子さんドラ2と役牌2つという高出力! さらには「白」「發」なのでこれは、もしや…!!

bit子さん「小三元…!」

手牌に「中」2枚ものって、小三元!! 中をあと1枚欲しいところでしたが、何はともあれ親跳ね!(三人麻雀の場合、自摸の得点が少しマイナスなので、ロンなら18000点貰えるところが12000点になっています)

 

 

1本場

若干陰りを見せ始めたせつなさんの配牌、しかし、すぐに役牌2種2枚を手中に招き入れる辺り運はまだ死んでいません。どころかドラ3を更に積むという恐ろしい伸びあがりを見せる!

しかしメタルスライムがこれを一蹴! 染め手による大物手役によって巻き返した!!

「清一色(ちんいつ)は、同じ種類の数字牌のみで4面子1雀頭を組み上げる手役。
 【鳴きを一切しない(面前という)】で組み上げると、それだけで跳満になる大物手です。
 これより難易度も点数も高い単独役は、残すところ役満のみなのでジッサイ高い」

ちなみに私が一番大好きな手です。決まったときの美しさで思わずナルシストになる!

 

 

東3局

私腹を肥やして幸福度を上げていくメタルスライムも、そろそろメタルキングになるのではという状況で迎えた、グミスライムさんの親番!

残す点差が2万を切り、正面対決の様相を呈しています!

bit子さん「バーチャルゲームショウ…興味あります?」

ここでメタルであろうが粉砕しかねない魔神の斧を振りかざすbit子さん! グミスライムさんと一緒にやってきたゲームショウの相方をせつなさんに持ち掛けた! 負けているから、超、不機嫌! コワイ! ゴボボーっ!!

 

bit子さんの攻撃!

痛恨の一撃!!!

 

侮っていた相手からの跳満により、グミスライムさんが親番を即座に手放す!

 

 

南1局

南入して最初に南3枚を揃えるせつなさんですが、
ここでグミスライムさん曰く、「アホ毛抜いたら死ぬんですよ」という弱点晒し!

bit子さん「じゃあ、ちょっと引っこ抜いてみるか」

おほーっ! 清楚! 引っこ抜きにかかっている間にせつなさんが好機と一撃与えます!
直撃なので、3000点程度の痛手もデカイ。

 

 

一本場

引っこ抜かれて……なぞいない! あなたに付いていくだけでは終われない!
命を運ぶと書いて運命! 運命と戦う!! ドラを増やし、そして蛇を食う!!

「そろそろ弄んじゃおうかな~」

「もっと仕掛けてみようかなんて~」

 

南2局

bit子「ファンファーレを奏でろ」と言わんばかりに、ダブルリーチからの一発自摸を決める、何たる豪運…!!
ダブルリーチとは、自分の最初の捨て牌の時点でリーチをすること。つまり、最初から聴牌している状態のことを言います。

正確には「北抜きから引いた牌での聴牌」なので、ダブルリーチの役にはなりませんが、それを一発で持ってくる運は強すぎる!!

「ちなみにこの1つ上にあるのが、【最初から全部出来ている】状態の役満。
天和(てんほー)、地和(ちーほー)、もしくは人和(れんほー)です。先日行われたVポスVMリーグにて、それをあがった人がいます」

 

あたりいたる(当たり至る)……名前からして強そうじゃないの……。

「これ捨てるだの、あれ捨てるだので麻雀は回っているが、この役満は技術が一切不要。その時の運だけが導く絶対幸運役。レア中のレア役だ。当たったら悔しいというよりも、その役に巡り合えた喜びを感じるのが吉」

 

 

一本場

グミスライムさん「北(ぺー)という暴力で殴る麻雀楽しいよ?」

経験値だけではないんだ、このスライムはJRPGのスライムではなく、海外のスライムになろうとしている! あ。なろう的なスライムのアニメ面白いよ、丁寧な描写で見ています。

などと油断していたら2巡目で再びbit子さんの先制リーチ!

 

bit子さん「早く振り込んで」「振り込めよ」「私だって、追いつきたいんだぞ///」

 

「照れをねつ造するな」

 

bit子さん「振り込んでよ」「追いつかせてよ」「キタナイぞ」「お前それでいいのか?」
      「振り込め」「悔しい」「流れちゃう」

 

さぁ、ここで安全牌のみのべた降りによって流局(誰もあがれないこと)。

bit子さんが冒頭で言っていた言葉がよみがえる。

「麻雀は、邪魔してなんぼだよ」

インガオホー

 

 

二本場

とはいえ、親の聴牌による流局の場合、親の権限はそのままなのですよね。

「この聴牌によって点差を縮めます。既にせつなさんへの5000点直撃で1位になれるという、『射程圏内に、入ったぜ…!』状態!」

……が。ここでも誰もあがれない。再び親をbit子さんに渡したままです。

 

「誰もあがれない流局時。聴牌(テンパイ)、無聴牌(ノーテン)で牌の開示、非開示をする。4人麻雀の時、聴牌1人でノーテン3人なら、ノーテン3人から1000点ずつ受け取る。聴牌の人が3人なら、ノーテンの人が3人に1000点ずつ支払う」

3人麻雀なら、この卓だと聴牌bit子さんに2人が1000点ずつ支払うってことだね。

地味ながらとても痛い。

 

 

三本場

bit子さん「私の切り返しが強かった」
グミスライムさん「南場なのに3枚切って恥ずかしくないの?」
bit子さん「殺すぞ」

刺されたのはbit子さんでした。同じ牌3枚が4つで成立する対々和(といといほー)、これにドラが絡んでの倍満直撃で、イケイケムードがめっさつされた!

 

南3局(オーラス)

どんなに点数を積み上げても、一瞬で砂上の楼閣の如く去り行くのもまた、麻雀なのです……

せつなさん「それもこれも、グミスライムという男の仕業なんだ」(台詞改変)
bit子さん「何だって、それは本当かい?!」(ねつ造台詞)

グミスライム「私に役満ぶつけたら勝てるよ(ニヤニヤ)」(本当にあった酷い台詞)

 

「bit子さんによる、やけくそのあがりによって対局は終了」

「序盤であれだけリードしていたのにせつなさん負けるのか……このスライム強すぎないか」

VMリーグは4人麻雀なので参加したくないとのことでしたが、三人麻雀部門があったら輝きそうだ。

 

 

というわけで、清楚麻雀3回戦目が終わりました!

書いていて楽しいのですが、一応、いちおうここで最終回にいたします!

残る40分で何が起こるのかは、実際動画を見て確認してみましょう!!

 

大きく点差を広げたものの、惜しくも2位に落ち着いたせつなさんですが、彼女の戦場はすでに始まっています。そう、VMリーグです!!

多くの猛者たちが熱い戦いを繰り広げています!

 

あたりいたるさんを皮きりに、役満をあがる者たちが多く出ています!

詳細はせつなさんのブログからでも。

 

 

ではでは、次回はVMリーグ記事でお会いしましょう!

 

1回戦目

2回戦目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です