Virtual麻雀リーグ 開幕!

実は10月8日に開幕してたのだ。乗るしかないと思っていたころには、ビッグウェーブは突き進んでいる。だが、焦ることはない。我が女神&天使、ときのそらちゃんも、ビッグウェーブに乗り遅れていた。焦ることはない!」

 

ちなみに、大会の詳細はすでにホームページがあるので、そちらを見た方が早いです。

それでも読むよって人はこの先に、主観交えた紹介をさせていただきます。

 

ちなみに、私が好きな役は染め手。綺麗でわかりやすく強い。

 

1:Virtual麻雀リーグって?

エントリーしたVtuberたちによる、ほんわか麻雀……

 

ではない。

 

これは、Vtuberの中で、本当に麻雀大好きな方による、本気の勝負。

Virtual最強、【現想麻将】というただ一つの称号を求めて争われる、卓上の決戦。

 

そして、長期間(2018/10/28 ~ 2019/01/05)に渡って戦績を記録し、協賛の方々も絶賛募集中の大会である。

 

「実は、Mリーグっていう麻雀大会がすでにあってな。そっちは10月1日に始まったんだけど、Virtualの方でも同じような企画をやって、双方盛り上がろうっていうのが、この大会の根幹だ」

 

 

2:すみません、麻雀ってなに??

「とりあえず【アカギ】か【咲】読んで興味を持ってみましょう」

 

「漫画に丸投げするな」

 

4人プレイで。皆が持っている点を奪い合うゲームです。

 

・盤上にある【牌】を最初に各自13枚取ります(手牌)。

・盤に積まれた伏せ牌を1枚取り、14枚から1枚選択、自分の捨て牌として場に晒します。

・これを反時計回りで順番に繰り返し、規定数まで続けます。

・先に自分の手牌を完成させた人の勝ち。

・上記を規定ゲーム数(場、局)終えたときの得点で勝敗が決まる。

 

超ざっくりですが、こんなところ。本格的にルールを知りたい人は各自勉強しましょ。

麻雀を覚えるときに大事なのは、「こんな役の数覚えられない」という諦めが大敵。
最初は手探りでコンピューターと麻雀し、慣れてきたら対人戦がベスト。

対人戦は、推理ゲームであり、ひりつくようなスリル溢れる、刺激に満ちたゲームになります。

 

 

 

3:どんな人が参加してるの?

取り敢えず私が知る方縛り(名前は知っているも含め)ですと

 

Icotsu , 海老名セイレン , 神楽彩 , 神代せつな , きす , サムズ・ボボ

酒呑らい , 白銀ユリア , 蒼音タヤ , チュウ兵衛 , 天開司

仁木クラリッサ , まつりぴ , もっけい , 勇者ことね , ゆきんこ ,ゆのすけ

横井bit子 , 夜空イチ , リーディア , ロッカー

 

そして参加者は、彼ら以外にも多数いて、

総勢230人なのです。

 

「……また、キズナアイ杯のような記事書くか?」

「腕がもげそうなので約束はしないが、書くとするなら上位にあがった人だけで勘弁してつかあさい……!!」

 

まだ自分で「私は無名」と思っている方がいるのであったらチャンス。

キズナアイ杯も、先日行われたPUBG最協決定戦も、勝ちあがることで名をあげることが出来る、知名度の火薬庫! それがこういうイベント戦です! 上位に上がれば知名度は爆増!

参加するだけでも、名簿に名前は載る! これは、チャンスです!

 

ところで一覧の中には、Vカツやカスタムオーダーメイドによる制作体が多かったので、これらの媒体がかなり浸透しているのだなとうなづきました。

あとコメントがカオス

 

 

4:対局(1ゲーム)の配信、動画化とかの規約

『参加者の方は、当リーグに関わる対局について、自由に対局内容を録画、牌譜を使用するなどの方法により公開いただいて構いません。配信、動画化、記事化等ご自由にどうぞ!
ただし、個別の参加者のYouTube配信画面や動画そのものについては、その参加者ごとに許可をとってください。』(Virtual麻雀リーグ 専用ページより抜粋)

 

要するに、194人の中には、「圧倒的にぼろ負けする対局」「煽りあいがやばい」など、諸々の事情で見せられない対局も多いので、

 

「こんな対局見られたくないわ」

という方も多いと思います。そういうのを勝手にアップロードしたら駄目よって話。

 

『運営による実施中の卓に対する実況配信を予定しています。詳しくは各運営のTwitterを確認してください。また、対局者自身の配信もルールに則った上で配信可能です。』(同上)

また、どれ見たらいいかわからない方でも見れる配信、予定されています。是非見ましょう。

 

「……あれ? でもさ、生配信OKとは言うけど、実装したらやばくないか? だって手牌を全員晒している状態になりかねないだろ?」

それに関しては大会概要に書かれているよ。

 

対局内容のライブ配信

『対局内容のライブ配信を行う際、5分以上の遅延設定もしくは、リアルタイムの場合は手牌を見えないようにしていただくようお願いいたします』(大会概要欄より)
遅延設定に関しては概要欄にリンクあるから、そこから見て見ましょう。
そらそうだ。リアルタイムで見れるならこれほど楽なものもない。

5:「ハラスメントでの威圧は?」「禁則事項です」

キズナアイ杯には、賞品とかはありませんでした。キズナアイちゃんが遊ぶための大会なので当たり前なのですが。

しかし、今回の大会は賞品がありますし、今後こういう大規模イベントをスポンサーを交えてお送りするための土台作り的意味合いもあるでしょうから、当然、禁止事項もあります。

 

「だがまあ、その場に居合わせてやる実際の麻雀と違って、ネット麻雀だからな。巧妙なイカサマ(燕返し・2の2・エレベーター等)は無理だ。ただ、通信などによるやりとり、そいつに成り代わってやる代打ち行為は、見抜けないだろ

代打ちは見抜けると思うよ。

達人級に上手い人だと、その人の捨て牌のクセで「別人」とか、わかるものだと思う。最後の最後の土壇場で、人は自分の理を信じるからね。

名を上げたいからって、そういうイカサマする人はまずいない……と信じた上で忠告しておきますが、

 

自分の力で勝ち上がろうね。

禁止行為一覧も、概要欄に書かれていますよ。

 

 

 

まだ説明足りないところもあるかもしれませんが、こんなところですかね。

詳細についてはHPをチェックです。

ゆるりと動向を追っていくつもりなので、私自身楽しみにしています! 約200人による大乱闘牌、こうご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です