日めくりVTuber 2018/10/04 10月4日は、ぜったい天使の誕生日!

今日は、ぜったい天使くるみちゃんのお誕生日だ!!

お誕生日だけど、祝う天使がまだ復活していない、ざんねんだ!!

「というわけで、くるみちゃんを召喚したい時はどうすればいいのか……召喚触媒はこちら」

・大魔王様及び雨下カイトぉ!がいること。

・30~40人かそれ以上の大型コラボ配信をすること。

・数時間の生放送の最後の最後(早朝)まで刮目。

「やれば出るとは誰も言っていないがな」

そんな天使の日ってことで、皆さま、今日はもしかしたら何かが起こるかもしれないし、何も起こらないかもしれないので、いつも通り元気に過ごしてまいりましょう!

1 え? ぜったい天使くるみちゃんって? 誰?

「……って人もそろそろ多くなるくらいかー。半年近く音沙汰ないから仕方がない」

私にとってのくるみちゃんは、こんな感じの天使なんですよ。
バズることよりも、チヤホヤされる方が嬉しいんじゃないかなっていう天使。

#ぜったい天使くるみちゃん誕生祭 でツイートを調べると、多くの方の祝言で溢れています。引退してから半年以上、声を聴かない期間は半年近く。それでこの人気は、まだまだ彼女の復活を信じてやまない子羊(ファンの総称)が多数いるのを感じられてとても良いです。

容姿は3変化。最後の、路上ライブが似合いそうなファッションが一番周知度高い。

んで、歌が上手い。

VRCで路上ライブとかしてるかもしれないし、していないかもしれません。

ニコニコにまだ動画あるから、歌声気になるって人はぜひ見てほしいです。

正直歌うまVTuberの中で、今なお指折りの実力者ですので。

2:彼女が影響を与えた人ってどれだけいます?

めっさいます。

個人VTuberの中で、恐らく2度目のコラボ配信。の時に、大魔王様とコラボしたのはあまりにも有名です。(これもニコニコ動画に全編落ちています)

スパチャの大佐(200円)として勇名を馳せていたリスナーが、彼女に唆されて(?)VTuberになりました。今では赤い彗星をもじったような名前になっています。

いなくなった翌日、入れ違いにデビューしたナースもいます。彼女もまた、1ファンとして、絵を上げてくださいました。

3:彼女がいない場合のVTuber界隈ってどうなってたろう?

今では当たり前になっているVtuber同士のコラボ動画も配信も、流行るのが少しだけ遅れたかもしれません。この、少しが、VTuber界隈の隆盛の可否を大きく分けたのは間違いないです。

「というのも、先ほど【2度目のコラボ】と言いましたが、VTuber界隈での個人勢コラボはほかにあったんですよ。そっちが少し事故っちゃったもんで。【コラボ=事故になる】という図式が固まりかけていた時期だったんですよね」

(今ではコラボをする際、すり合わせなどをして互いの世界観に土足で踏み込んだ発言をしないとか、暗黙のルールあったりするのでしょうが、この最初のコラボはそこら辺をすり合わせず、好き勝手に自分(魂)語りをする人と、そうでない人の認識の違いが起こした正に事故です。今ならもっと上手いこと皆さま出来ると思うので、過去のことを責めたりはしないよう)

「そのコラボにくるみちゃんも参加していて、すぐ後にいきなり大魔王様をコラボに誘ったんだっけな。悪評が固定される前に破壊した。まさに破壊天使」

その際に行ったのが、【PUBGやりながら雑談したりリアクションしたり反応楽しんだり】といった、今なお変わらない、コラボの基本形なのです。

PUBGが今も流行っているのも、コラボしやすいという理由以上に、このコラボの影響が少なからずあるのだと私は思っています。

いわゆる自分の世界観と乖離した人とのコラボがやりやすくなった。個々の、自分でも気づかない魅力を引きあげる相乗効果が望めるようになった。

その切欠を作った天使です。

4:そんなに人気があったのになぜ辞めたの?

「不可抗力です。本人が言うには家族間での問題。……ですが、真相のほどはわかっていません。微かな電子の糸1本でしか繋がっていない世界です故、真相を知りたいとしても誰も知らない。知っていてもそれは家族観の問題なので、口出しするのは野暮です」

くるみちゃんは、人気の方が辞めることによる喪失感。

「あの時、あの人に言葉をかけていれば」という後悔の無力感。

Vtuberを愛するというのは生半可では大やけどをするし、入れ込んだら相応の喜びも悲しみもあるということ。これを身をもって教えてくれました。

今あなたが推しの子がいるとして、その子は明日も元気にいるのは、当たり前のことではなく、【有難い】ことだということを、どうか覚えていてほしい。

無くす前に、「また会おう」「ありがとう」と手を振ってお別れできるなら、その子はだいぶ恵まれています。Vtuberやって良かったというお土産を渡せるのなら、渡してほしいところです。

くるみちゃんには、それをする時間も隙もなかったので。

5:ゆえに。愛される

誕生日で大勢の人が絵を、ギターを、祝言を送ってくるみちゃんに届けようとしています。

復活を望んでいるし、生きてどこかにいることだけを望む人もいる。

バーチャルユーチューバーを楽しんでいる人もいるし、ちょっと悲しい思いをする人もいる場所ではありますが、おおむね皆様楽しんでいます。

ところで彼女がもしもVtuberとして復活した場合、どれくらい登録者数が集まるのかすごく楽しみですし、その妄想をたまにします。

いきなり今日、どこかに1曲歌い上げたものをアップして去っていくなんて図も想像してしまう私です。

では、もしもこの記事で興味を持った方は、ニコニコ動画でぜったい天使くるみちゃんを検索しましょう。あっくん大魔王とのコラボ動画は、2時間と長丁場ですが、超おススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です