てんまちゃんへ贈る言葉(卒業)

※この記事は、個人VTuberグループの1つ『空想コード+』リーダーで、
世界一可愛いてんまちゃんが、グループ卒業という一報を受けての記事です。

後半、お節介極まることが書いてあるため、不快になったら読むのをやめて構いません。

 

 

空想コード+は、本当に面白い人たちが集まっています。

 

吸血鬼、宇宙人、精霊、魔女っ子、隊長、のんだくれ、
純清楚、サルミアッキ、北のアイドル、ヒッキー、パンダ

 

ただ可愛いだけではなく、1クセも2クセもあるメンツばかり。

よくぞここまで集めたなと感心するほど、強烈な個性。

 

思い返せば、てんまちゃんが空想コード+を結成すると言った時。
あれが全ての始まりでした。

当時、【企業関連がVTuberに関わること=よろしくない目に合う可能性】という図式があった時期だったために、「空想コード+とは信用できるのか?」「どこの企業?」「大丈夫?」という心配が前面に出ていたのは印象深いです。事実私も心配でした。

そんな下馬評は、「単なる仲良しの集まりで、グループ名も機械任せで決めた」という言葉で安堵に変わりました。

次いで出された、とばりちゃんとメンバー紹介していく動画

アマリリス組とお互いのメンバーのことを紹介しあう動画

 

1週間でこのコラボが決まった……というより、事前にてんまちゃんが水面下で交渉などしていたのだろうなと、今なら思います。コラボするにも下準備などを欠かさないマメで真面目なてんまちゃんなので、そこら辺は抜かりないのでしょう。

更に、そこから2週間で打ち出された空想コード+二次面接。参加者などを見てひっくり返った覚えがあります。著名な方や新人の方に至るまで網羅していて、
「このメンツをどう捌くのか」というハラハラした思いで待っていたのも覚えています。

のちに明かされた企画書も作り込まれていて、「この子は何事においても真剣なんだ」と私たちは知ったのです。

 

その後もてんまちゃんは色々画策し、夏休み終了と同時に打ち出されたハワイコラボや、身内であるログ君のIRIAM加入、自分の体の3D化なども込みで、精力的に活動をしていたのを見てきました。自分の作業ばかりではいけないと、ファンのために一時期、毎日動画を出し始めたのも記憶に新しいです。

 

やや、オーバーワークではないかという程、てんまちゃんは駆け抜けていました。

今回の卒業、そういった背景を知る人から見れば、納得してしまうものです。

 

てんまちゃんは恐らく、空想コード+立ち上げから、

「自分やメンバーのために企画やらなにやら、しなければいけない」という責任感が物凄く圧し掛かっていたのだと思います。

それと同時に前述の「ファンのために何か動画も出さなきゃいけない」ということ。

更にはツイッターでの告知。

水面下でのハワイコラボ交渉。

IRIAM参加。

 

 

追い打ちとしては、自分の世界観を表現できる動画の不足。
てんまちゃんが自身の、ないもの屋としての背景で出した動画は、
6月初頭の、美味しい卵焼き作ってみた♪を最後に、止まったままです。

 

「作りたいものがあるのに時間が足りない」というのは、創作者として歯痒い思いがあったと思います。てんまちゃんは凝り性ですから、中途半端な動画も出したくないのでしょう。

そしてそういう弱音をあまり吐かないので、「僕は平気大丈夫」という、雰囲気を纏って私たちの前に現れています。正直なお話ですが、てんまちゃんは少し危うい面もあります。

 

 

今回の卒業も、運営権を誰かに譲渡するか、そもそもFANBOXを閉じて個々人のグループとして活動するだけでも構わないところを、「身を引く」という一歩踏み込んだ決断をしています。

私たちもですが、メンバーが一番びっくりしたのではないでしょうか?

 

てんまちゃんへ。

 

もしも「自分の動画が作れない」「企画の時間が取れない」「グループとして成立させられない」という理由でやめるのであれば、少しだけ落ち着いてほしいです。

もしも「嫌いな奴がいる」「そりが合わない」「もう飽きたし関わりたくない」というので【なければ】、なおさら落ち着いて考えてほしいです。

 

空想コード+を卒業、する必要は特にありませんよ?

 

運営権をやめて、単なる仲良しグループとして、たまに散発的なコラボする、緩く活動するグループであったって構わないんですから。

【FANBOXというお金が関わっているから、出来る限り期待に応えられる高品質なことをしたい】と思うのであれば、どうか気にしないでいただきたい。

このお金はあくまでも応援であって、投資ではないのです。

応援で責任感じて潰れるだなんて、笑い話にもなりゃしません。

 

【やりたいようにやらせる】。てんまちゃんの1ファンとして私の心構えなのですが、今回ばかりは待ったをかけました。

ケジメとして辞めなければならないだなんて、硬く考える必要はありません。

てんまちゃんも当初、空想コード+に「ただの仲良しグループ」という旨のツイートをしていました。大きな存在になったとしても、基本的にはただの、仲良しグループなのです。

 

 

 

 

もし。このまま、やはり辞めるのだとするなら。

1空想コード+ファンとして、メンバーとは、今後とも多少なりとも関わっていられたら嬉しいと思います。

デカい面したOBでも、「よっ、遊びに来た」「何だよ帰れよー」というような感じでも。

折角このグループで得た『縁』までも決別するだなんて、寂しいことをどうか考えないでほしいのです。どうすればいいのかわからなくて頭が混乱しているなら、先ずは落ち着いてからです。落ち着いてから行動しないと、間違えます。

「それが正しい道だ」なんて、一時の執着に目と足を奪われて、無理して駆け抜けた先に後悔や寂しさを抱えていては、遅かれ早かれ真面目なてんまちゃんのこと。潰れかねない。

 

てんまちゃんは色々抱えてしまう節があります。

私は、それが一番心配です。

 

だから落ち着いてください。ちゃんと睡眠をとって、何もしない時間を作って、心を鎮めて話し合って、それでも卒業したいというなら、そこにもう迷いはないはずです。

振り払ってでも卒業しなければいけないのと、迷いなく卒業するのとでは雲泥の差です。

 

好きなものを切り捨てていかなければ進めない……そんな寂しい界隈ではないのですから。

好きなものは好きなままでも一向にかまわないわけですから。

 

「僕はもう宣言した以上辞めなければ示しがつかない」そんなことはないです。

てんまちゃんの心に曇りない選択をする猶予は、いくらだってありますから。

決めつけで走り出すのだけは、どうか待ってほしいです。

生放送で言っていた「寂しい」と言ってくれたメンバーに、ほんの少しだけでも寄り添ってあげてほしいです。

 

応援というより、忠言みたいな文面になりましたが。

私はこの先どう転んでも、

てんまちゃんの活動、空想コード+の活動を、見ていきますので。

 

どうか悔いのない選択を。

健やかなてんまちゃんであることを。

心から、祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です