ドットお嬢様 #11~#15 動画&元ネタ解説

#11~#15の傾向は、闇鍋。爆発物、入国審査といった現実的なものから、恐怖の鬼や卵から生まれ出でるもの、そしてハンターが主役だったりと多彩。

一般人でも3つは元ネタがわかりますが、1つはニコニコ動画、もう1つはSTEAMを知らねば触れることのできないものとなっています。

 

#11 これが噂のボンバーガール?

真っ黒な球体ボムを片手に爆発物飛び交う危険な戦場に赴いたお嬢様。
ご存知、ハドソンの傑作『ボンバーマン』が元ネタです!

お嬢様がまた一つ、成長の兆しを見せてくれる回となっています。

ところで最近はボンバーガールなんてゲームがゲームセンターにあるそうですが、お嬢様も出ませんかね? 無理? わかってますとも。

 

 

#12 可愛い子には旅をさせよう

実にきな臭い国への旅行に出発することになったお嬢様。
このゲーム名は、「Papers, Please」。
ドット絵ですが、2013年発売と比較的最近のゲームです。

背景から漂うグレーな雰囲気と旅行という楽しげな文字のアンバランスさが凄い。
ゲーム内容はいたってシンプルながら、雰囲気が伝わってきます。

お嬢様は無事に旅行に行けたのでしょうか? 結末は君の眼で。

 

 

#13 青い怪物のすむ館

もう皆さんご存知、青鬼が元ネタです。
襲い来る青鬼から、運と知恵で逃げ切って生還するというゲームです。

実に可愛い泣き顔を見せてくれるドットお嬢様ですが、実際怖いから仕方がない。

恐怖関連のゲームは、3Dよりドット絵のほうが怖いまであります。

お嬢様は生き残れたのか? ハラハラしながら見て見ましょう。

 

 

#14 「何回かやれば勝てるよ」とマジレス

この右腕についているのは、心で撃つサイコガン……ではなく、ロックバスター。
そう、この配色と武器でもうお判りでしょう、ロックマンが元ネタです。

#11のようにイケイケなお嬢様が見れるのかと思いきや、後半はどこか切ない雰囲気になります。戦う相手はもちろん……。

 

 

 

#15 狙って成長させることが出来ればやり込みゲーマー

お菓子とご飯と、掃除にご機嫌を上げつつ成長を共にする。
生と死をデジタルの中で味わうことが出来、大流行した育成ゲーム。
たまごっち!!

この歪な円盤で全てを察しました。ゲームボーイ版(未プレイ)のデザインです。

実はしっかり育てれば、容易にまめっちに出来るのですよ。難しいのは、ぎんじろっち。
真面目に、かつ奔放に育てるという匙加減が必要なのです。お菓子を与えるタイミングとか、当時は攻略サイトなんてものはなかったので、直感とデータの積み重ねでどうにか成長させた思い出があります。

ちなみに。リセットボタンは最後の最後以外は押しません。

 

有栖川ドット

#06~#10へ

#16~#20へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です