ドットお嬢様 #06~#10 動画&元ネタ解説

#06~#10の動画は、少しだけゲームに詳しい人でないと元ネタがわからない。
比較的最近のPCゲーム題材も、名作ではあるけれども相当前のもの。

それでもゲームが好きならば、面白おかしく見れるはずです。

 

#06 声を固める特殊アクション

ワギャンランド。私も耳にしたことがある程度で、元ネタのことはそこまで知りません。

ですが元ネタをプレイする動画はあったので、こちらで確認してみましょう。再現度の高さに驚きます。敵を倒すのではなく固めて進むという、一風変わったアクションと、ボス戦もこれまたミニゲーム的で難しい仕上がりになっています。

動画内のお嬢様は、「え、そんなのありなの!!?」という無双っぷりを披露してくれます。

 

 

#07 夢の中での幻想散歩

フリゲの傑作、【ゆめにっき】が元ネタです。
雰囲気と無数のドアが物語る、夢の中で巻き起こる物語。

ホラーゲームですが、陰鬱というよりも独特なセンスの世界に飛び込むような、これもある意味冒険要素のある動画となっています。

公式ホームページはこちら。

なお、商業版としてリメイクされたものもありますが、そちらはドットではありません。

 

 

#8 時代を揺るがしたシューティングゲーム

恐らく、私たちの1つ上の世代ならば、喫茶店等でひたすらやり込んだっていう人もいるのではないでしょうか?  シューティングゲーム金字塔、インベーダーが元ネタ!

個人的に侵略(インベード)という文字から元ネタが閃いたら結構な知識人だと思います。

それにしてもお嬢様のこのどや顔が可愛いです。そして動画内容も、哀愁漂う仕上がり。
個人的に文句なしの傑作とお勧めできます。

 

 

#09 貧弱貧弱ぅ! そんな探検家で大丈夫か?

背景で何のゲームか察した私がいます。
超絶貧弱オワタ式主人公が活躍する、スペランカーが元ネタ!

超貧弱ぶりはこの動画においても変わりないのですが、お嬢様がどうつき従っていくのかが見所であります。

 

 

#10 スマブラ参戦も果たした煽りの達人

ガンシューティングゲーム、ダックハント。スマブラ参戦と聞いたときはびっくりしましたが、世界中で知名度が高いという事実も併せてびっくりした記憶。

プレイ動画もありますのでどんな感じなのかわかりますよ。(他の動画は精密射撃マン多い)

こういったガンシューティングがどんどん成長して、今ではゲームセンターなどに並ぶようになっているというのも感慨深いものがありますね。

 

有栖川ドット

#01~#05へ

#11~#15へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です